Future Technology, Classic Emotions

Cinturato CN36

1960年代終わりに、長きにわたる研究と実験の結果、新テクノロジーの時代が始まりました。

 

HR と VR シリーズ(210 Km/h までとそれ以上の速度対応)の高性能タイヤへのスティールベルトの採用です。1968年に CINTURATO CN36™️ は誕生し、185HR14のサイズがフィアットディノ用として製造されました。

 

それは、ハイパフォーマンスな”グランツーリスモ”車の性能に適合する様に設計され、ピレリにとって最初の標準生産品となるスティールラジアルタイヤとなり、また、ピレリのラリーへの再参戦を印し、幾多の勝利を記録しました。

 

障害物を吸収する縦長で斜めの構成を持つそのパターンは、”低速ではソフトで、高速では正確”を謳い、アクアプレーニング現象を妨げる効果を発揮しました。

 

数年後にシリーズ 70 のサイズを拡大させ、BMW に装着される事を目的とした開発と、1971年にフィアット 124 スポーツに装着される13インチの開発が行われ、顕著なスポーツ特性を持つ HR タイヤとなりました。

 

124 スポーツ / CN36 の相乗効果で、国際ラリーの頂点に立つピレリの長い歴史が始まりました。

Pirelli Tyre Range for Classic & Vintage cars - 2019 

FIVA logo